T.Hターミナル

T.Hターミナル駅長、雪野晄祐(ユキノ コウスケ)です。乗り物、ホビー、競馬等についてブログを書いています。是非ご覧ください。

【駅舎】10年前に訪れた長野電鉄屋代線松代駅

皆さんこんにちは。T.Hターミナルにようこそ。駅長の星河煌介です。

本日は松代駅についてお話します。

 

 先日、PCの写真を整理したところ、ある駅舎の写真が複数出てきました。それは2012(平成24)年4月に廃止となった長野電鉄屋代線松代駅の駅舎の写真でした。

f:id:iroiro127:20210814005913j:plain

 

 私がこの松代駅を訪れたのは、廃線になる1年前の2011(平成23)年秋頃でした。当時、しなの鉄道169系の乗車も兼ねて長野県を旅行しました。その時に長野電鉄屋代線が間もなく廃止になると聞いたほか、1922(大正11)年建造で木造の松代駅があることを知り、屋代線乗車と松代駅訪問で行きました。駅に着いて駅舎に入ると、内部は木で出来ており、どこか懐かしい雰囲気を思わせる木の香りが漂いました。当時、木造の駅舎を訪れていなかった私は、松代駅の駅舎に大変感銘しました。

f:id:iroiro127:20210814011059j:plain

 

 ホームの傍には、手動の転轍機を見つけました。

f:id:iroiro127:20210814011328j:plain

 

 廃線になったら、貴重な松代駅は取り壊されるのではないかと心配しました。しかし、2012(平成24)年4月の屋代線廃止後も駅舎は残り、2021(令和3)年現在は観光案内所、バスの待合所として利用されています。また、構内は駅の北側にある松代城公園の駐車場になっています。

 

 今秋、再び長野県や長野電鉄を乗車しに行くので、時間があれば再び松代駅を訪れたいと思います。

 

 本日は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました。