読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(競馬)92年皐月賞、日本ダービー馬、ミホノブルボン息を引き取る

1992(平成4)年皐月賞日本ダービーの2冠を制したほか、同年の年度代表馬になり、「坂路(はんろ)の申し子」として競馬ファンに愛されたミホノブルボンが22日午後、老衰により息を引き取りました。28歳。

【日刊スポーツ】

p.nikkansports.com

1989(平成元)年生まれ。1991(平成3)年中京競馬場でデビュー。故戸山為夫師の元で徹底的に鍛え上げられ、坂路で4本追いを消化するスパルタ調教を受けました。このことから彼は「坂路の申し子」と呼ばれました。圧倒的なスピードを武器に快進撃を続け、朝日杯3歳S、皐月賞、ダービーを制覇、秋の菊花賞で無傷の3冠を期待されましたが、ライスシャワーの2着に敗れました。しかし、92年の年度代表馬に選出されました。

 その後、骨折などによる脚部不安に悩まされ、94年引退(通算成績8戦7勝)以降、種牡馬を経て生まれ故郷である北海道日高町のファニーフレンズファームで余生を過ごしていました。

【netkeiba】

netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

【競馬ラボ】

水上学が重賞勝負◎を公開 | 競馬ラボ